→Live schedule

日程:1月28日(土)
場所:JAZZ ON TOP act3
メンバー:Vo.西口直生 Pf.西口英生 Gt.木曽義明 Ba.加藤哲平
時間:open,18:00〜 1st,19:30〜 2nd,21:00〜
料金:1500円(別途テーブルチャージ500円)
住所:〒530-0027 大阪市北区堂山町15-17 ACTV 1F
TEL:06-6311-0147
URL:http://www.jazzontop.com/shop/act3.htm

日程:2月20日(月)
場所:JAZZ ON TOP act3
メンバー:Vo.西口直生 Pf.西口英生 Gt.木曽義明 Ba.加藤哲平
時間:open,18:00〜 1st,19:30〜 2nd,21:00〜
料金:1500円(別途テーブルチャージ500円)
住所:〒530-0027 大阪市北区堂山町15-17 ACTV 1F
TEL:06-6311-0147
URL:http://www.jazzontop.com/shop/act3.htm

日程:3月16日(金)
場所:JAZZ ON TOP act3
メンバー:Vo.西口直生 Pf.西口英生 Gt.木曽義明 Ba.加藤哲平
時間:open,18:00〜 1st,19:30〜 2nd,21:00〜
料金:1500円(別途テーブルチャージ500円)
住所:〒530-0027 大阪市北区堂山町15-17 ACTV 1F
TEL:06-6311-0147
URL:http://www.jazzontop.com/shop/act3.htm

--------------------------------------------------------------------------------

2010年08月13日

花火大会

先日、弟の言っていた通り、

淀川の花火大会に行ってきました。


淀川の花火大会でいつも考えることといえば、

中津側で見るか十三側で見るかという

問題です。

花火が上がる場所は、

川の真ん中ですので、

それを挟む形で

どちらからでも見れるということなんです。


中津側は十三側に比べ、

比較的人が少なく、

帰る際も梅田まで出れば駅も多いので

スムーズに帰れるといった感じでしょか。

人ごみ嫌いって人なら

まずは中津側をおすすめします。

それでも、

めちゃくちゃ人多いですけど(笑)


今回は十三側で見ることになりました。

それはそれは人が多いのなんのって、、、

それが花火大会の醍醐味でもあるのですが、

波のような人間のうねりに酔いそうになります。


今年は、

川下から風が吹いていて

とても涼しかったのが救いでした。

17時になる頃には太陽もほとんど気にならず、

暑さを感じなかったんです。

川沿いは涼しいですね。

駅周辺なんて、

人ごみとその熱気でサウナ状態です。

あついあつい・・・。。


色々とはしょって、、、

いよいよ花火が打ち上がったのですが、

丁度目の前にいたおばあちゃんがうるさい(笑)

「駅混むから、早めにかえろ〜。(今すぐ帰れ〜!)」

「あ、もう終わりや。(まだ15分しか経ってない!)」

早く帰りたいんやったら来るな〜!(笑)

ってマジでツッコミたくなるぐらい、

花火打ち上がり中に何度も愚痴るぐちる。

まぁ、それはそれで良い思い出になりましたよ(笑)


で、肝心の花火ですが、

今年で4,5回目ですが、

何度見ても感動するというか、

気付けば、

「お〜〜お〜〜お〜〜〜〜!」

「すげ〜〜すげ〜〜〜〜!!!」

なんて奇声を発していました。

回りが見えないくらい

花火に夢中になってましたね。

花火の色や、造形美に感動しただけでなく、

音ですよね。

打ち上がるときの高音や、

花火が開いた瞬間のあの重低音

胸から腹に響きますよ。

花火の魅力って多分、

見た目以上に音ですよ。

無音で花火が上がってても

感動は無いとおもうんですよね。

そう考えると、

花火大会ッて

ライヴとか、

オーケストラみたいなもので、

野外生演奏と考えることもできるわけですから、

見るだけじゃなく、

聴く、

そして感じる、

あらゆる要素がふんだんに詰まっていますよね。

花火職人の皆さん、

ありがとうございます(笑)


あとは、

その場にいる観客みんなが

自然と拍手をすることも

感動しました。

ワールドカップの時もそうでしたが、

みんながひとつになる瞬間って

やっぱりあるんだなって

本当に感じましたね。

いや、

あのおばあちゃんだけは

ひとつになってなかったな(笑)


ということで、

夢中になりすぎて

一枚たりとも写真なんて撮ってませんが

写真を見る感動よりも

実際に見に行く感動の方が

確実に大きいと思いますので

今年行けなかった人は

是非とも来年に行ってみてください!


そういえば、

今年甚平を着て行ったんですが、

全然似合ってなかったので、

即、弟にあげました(笑)

和服姿って、

体格がゴツイ人じゃないと

イマイチぎこちないというか、、、

実際弟に着せてみたら

めっちゃ似合ってましたからね。。。

くやしい(笑)

いつか似合う日がくるまで封印!


では、また!
posted by なおさん at 00:59| 大阪 ☁| Comment(0) | 楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。